分かりやすく説明していきます。The Transplanted Philly Fan. COM
ホーム | 悪質商法による融資 | 融資の注意点

悪質商法による融資について見てみよう

クレジットカードにおける悪質商法による融資について。

クレジットカードは以前と比べて、誰でも利用しやすいイメージに随分と変わってきましたが、悪質商法をしている業者もあるようです。最近クレジットカードやクレジットカードにおける多重債務者を騙して利益を上げるという悪質なクレジットカードによる事件が増えております。

悪質商法の手口としてクレジットカードの名称や登録番号を詐称した融資を勧誘する偽のダイレクトメールを送り、問い合わせた人に対して保証金の名目で金銭を騙し取るやりかたがあります。

一般消費者を騙す悪質なものもの中には、融資の際に調査費という名目で、資料代調査費を多額な請求をし、実際に自己破産や裁判の方法の書類を送ってくるだけというものあるそうです。

紹介屋と呼ばれるクレジットカード業者は、他社の融資を紹介して、法外な紹介手数料を請求するという悪質商法を行っています。信用情報機関に登録されている情報を変更すると嘘をつく消し屋も存在しています。

手数料やコンピューター操作料を請求しますが、実際には登録情報のコンピューター操作は全く不可能なのです。より巧妙になっているクレジットカードの悪質商法には、カードで商品を買わせて、安く引き取る買取屋という悪徳業者もあります。

多重債務者を店に連れて行き、クレジットカードで50万円分の商品を買わせた後、一時金として10万円を渡すが、そのまま連絡が取れなくなってしまうという手口です。

このようにクレジットカードの悪質商法はいろいろと増えています。このような詐欺まがいの行為にだまされないようにしましょう。

三菱東京UFJ銀行 | アコムのマスターカード | ジャパンネット銀行:Japan Net Bank

このページのTOPへ
 
(c) クレジットカードについて解き明かす!The Transplanted Philly Fan